聞き手に配慮する英語

2015年11月24日 takeondo 2

みなさんは、I like Japanese novels but l don’t like Chinese ones very much.という英文をどのように発音しますか?英語を話す時、「聞き手に配慮をする」とはどういうことでしょう。ここでは、聞き手への配慮で、強勢やアクセントの位置が移動する例をご紹介したいと思います。

英語達人列伝⑤ 水庭進さん

2015年11月22日 takeondo 0

一時期私はNHKの英語アナウンサーになりたいと思っていた時がありました。そのきっかけになったのが、水庭進さんの美しい朗読との出会いでした。今でも水庭さんの英語は私の中で生きています。

話し言葉と英文解釈

2015年11月1日 takeondo 0

このパッセージ、すぐに理解できますか?
Common wisdom says that as people age, they do not change except to become more like themselves. But I’ve never known anyone who has lived past the age of seventy-five— and I’ve know a lot of them — who did not become more kind, more open, more sentimental in the best sense of the word. Maybe age means becoming more flexible; maybe only flexible people survive.

英語達人列伝④ 五十嵐新次郎

2015年9月27日 takeondo 0

英語教師として教壇で「パフォーマンス」ができることは重要です。英語達人列伝で紹介してきた達人の方々はみな、そうしたパフォーマンスのできる人たちです。共通点をたどっていくと、ひとりの英語教育者の存在が明らかになりました。

英語朗読セミナーと寄席

2015年9月13日 takeondo 0

去る9月5日(土)、英語朗読家の青谷優子さんと英語落語家の喜餅さんのイベントに参加してきました。英語教師としてたいへん得るものの多い1日でした。

英語落語と英語教育

2015年8月22日 takeondo 2

英語落語をご存知でしょうか。先日見つけたこの動画に衝撃を受けました。Diane 吉日さん。すごいです!英語落語は我々英語教師にたくさんのヒントを与えてくれるような気がします。

アクティブ・ラーニング

2015年8月9日 takeondo 0

教育にはautonomyという言葉があります。自律的学習という意味ですが、生徒が勝手に勉強をしてくれたら先生は非常に楽ですね(笑)。冗談ではなく、これからはもっとそういうことを主眼に入れた授業デザインをしていく必要があるのかもしれません。

【論考】 体育と英語

2015年8月2日 takeondo 2

英語はできるだけ「オーセンティックに」「経験と結びつけて」学んでいくことが必要だと思っています。体育と英語はそういう意味で相性がいいのでしょうか?

英語達人列伝③ 東後勝明先生

2015年7月23日 takeondo 0

師と仰ぐ東後勝明先生について書かせていただきました。先生には、英語教育に携わる上で「言語の本質」を大切にしなければいけないことを教わりました。

1 2 3 4 5