【英語朗読】『雪女』

2016年4月3日 takeondo 0

むかーしむかし、あるところにふたりの木こりがいました。一人は年老いた木こりで、茂作といい、もう一人は茂作の弟子で、みの吉といいました。冬のある時のことでした。二人で山へでかけた帰りのこと、強い吹雪に見舞われて、小屋で一泊することになりました。すると…

【朗読指導その2】Anne of Green Gables

2016年3月22日 takeondo 0

朗読『赤毛のアン』、第二段です。今回、東洋英和学院のレシテーションコンテストの指導を通じて、私自身がこの作品に興味がわいてきました。続編を入れると、大変長い長編作品ですが、かたっぱしから読んで朗読してみたくなりました。いやぁ、朗読って楽しいです。とりあえずやってみると、少し英語の力がついたような気になれますから(笑)いや、ほんとに。

気になるスピーキング活動

2016年3月7日 takeondo 0

言語教育エキスポ2016(@早稲田大学)に行ってきました。いろいろと収穫があった1日でしたが、特に気になったスピーキング活動がありました。

【朗読指導】Anne of Green Gables

2016年2月16日 takeondo 0

今回は生徒への朗読指導の一部をご紹介します。題材は『赤毛のアン』です。これを機会に原作を読んでみようと思いました。画像は初版本の表紙のようです。名調子の英文でした。

今読んでいる本 ー Wonder

2015年11月29日 takeondo 2

You can’t blend in when you were born to stand out.
社会における「多様性」は、時に人をはねのけたり、寵児を生み出したりと、考えさせることが多いテーマです。

聞き手に配慮する英語

2015年11月24日 takeondo 2

みなさんは、I like Japanese novels but l don’t like Chinese ones very much.という英文をどのように発音しますか?英語を話す時、「聞き手に配慮をする」とはどういうことでしょう。ここでは、聞き手への配慮で、強勢やアクセントの位置が移動する例をご紹介したいと思います。

英語達人列伝⑤ 水庭進さん

2015年11月22日 takeondo 0

一時期私はNHKの英語アナウンサーになりたいと思っていた時がありました。そのきっかけになったのが、水庭進さんの美しい朗読との出会いでした。今でも水庭さんの英語は私の中で生きています。

1 2 3