英語達人列伝④ 五十嵐新次郎


現在もそうですが、学生時代は特に「国内で高い英語力を身につけた人たちがどのように英語を学んできたのか」ということを必死になって調べていた時期がありました。英語達人列伝①〜③でご紹介した先生方のルーツを辿ってみたところ、一人の存在にたどり着きました。

英語達人列伝もこれで4回目。今回は、私が実際にお会いすることのなかった伝説の英語教師についてお話しします。

 

五十嵐新次郎

五十嵐新次郎は、昭和の時代に活躍された英語教育者です(私が生まれる前に亡くなっている方なので「先生」という呼び方は避けたいと思います)。五十嵐新次郎については残念ながらそこまで多くの資料はのこっていませんが、松坂ヒロシ先生が「ある英語音声学者の規範:五十嵐新次郎が追求した正確さ」にまとめられているのでご覧ください。

 

経歴を見てすごいと思うのが、NHK国際放送の英語アナウンサーを務められていたことです。海外在住経験がないにもかかわらず英語のアナウンサーになったというのは、衝撃的なことです。

 

五十嵐新次郎が英語を話している音源は巷にはあまり残っていません(もしお持ちの方がいたら教えてください!飛んでいきます!)。私が唯一見つけることができたのが、亡くなられた後で先生のお弟子さんにあたる方々がまとめた『五十嵐新次郎先生を偲んで』という追悼記念文集に付属していたソノシート(薄いプラレコード盤)です。私の実家にはレコード再生機があったので、マニアだった私はそこからmp3の音源に変換したりしていました。40年前くらいの音源なので、かなり貴重なものです。ここでみなさんに公開してぜひ聞いていただきたいのですが、許可を取るすべを知らないので今は残念ながらできません。

 

一説によると、日系アメリカ人の俘虜アナウンサー、アイバ・トグリさんが「東京ローズ裁判」で裁かれた時、NHKで同僚だった五十嵐新次郎は証人としてアメリカの法廷まで足を運んだことがあったそうです。その時の証言はすべて通訳なしでおこない、現地の人々がそのあまりにも流暢な英語に驚き、メディアで取り上げられる(新聞で報道される)ということもあったそうです。

 

五十嵐新次郎はNHK国際放送で務めた後、早稲田大学で教鞭をとりました。前述の英語達人列伝で紹介した石原明先生、東後勝明先生、松坂ヒロシ先生は、みな五十嵐新次郎のお弟子さんにあたります。諸氏が学生時代に英語音声学の洗礼を受け、多大な影響を受けたのは、五十嵐新次郎からであったと言っても過言ではありません。

 

また、当時放送されていた『百万人の英語』に出演して人気を集め、ラジオやテレビなどでも大変活躍していた先生だったようです。生前、彼は「娯楽的教育・教育的娯楽」を掲げ、歯切れの良い話しぶりで、聴衆を魅了してきました。時代が異なっていたので直接接点がなかったことが悔やまれますが、このような方が戦前から戦後にかけて活躍していたことを考えると、英語教師として心が踊ります。

五十嵐新次郎の著作はいくつかありますが、私の手元にある数少ない著作のうちで、名著だと思う『英米発音新講』をあげておきます。廃盤なのでなかなか手に入りませんが、慧眼にあふれる一冊です。

英米発音

 

※ 顔写真は著書の『毎日10分英語トレーニング』の表紙から拝借しました。


takeondo
About takeondo 43 Articles
都内の私立学校に勤務する英語教師(英語科教諭)。学生時代に英語音声に魅了され、英語教師の道へ。とりわけ関心があるのは、英語のプロソディ(超分節音的側面)とよばれるリズム、イントネーションなど。英語朗読、英語落語にも興味があります。 Certificate of Proficiency in the Phonetics of English 2nd Class 趣味:囲碁(四段)、ランニング(ハーフ1時間30分/フル3時間40分)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*